マグホイール

 学生の時、自転車少年でした。
 半年かけて自転車で日本縦断をしたこともあるのです。

 そんな少年にとって、自転車のパーツにシマノを付けられたら満足、
 カンパーニョロは夢のまた夢、別格でした。
 そんなカンパーニョロが車のホイールを作っていたのですね。


カンパ106E-02a




 そんな訳で、Gやん号にもカンパを付けない訳にはいかない。
 117クーペでよく見かけるカンパは、101Eですね。
 101Eはカンパのイメージがぴったりの独創的で機能的なデザインで大好きです。

 しかし、ヘンコな私はデザイン的にはカンパらしさが薄れ、一般受けしそうで無難な106E
 をチョイス。
 単に、履いている人が少なく又、アルファロメオ1750GTVに106Eを履いている方がおられ、
 かっこ良かったから・・・。


カンパ106E-01a






 1枚目の写真を良く見ると、センターキャップの色と材質を使い分けているようです。
 101E は水色にイタリアンカラーの斜線ですが、106Eはそれより濃いめの青(紺)色の
 ようです。
 

 やっと見つけました。しかも新品!。
 この機を逃すともう手に入らないかもと思い、清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入。
 本体ホイールより高い買い物になりました。
 真鍮製で立体的、とても美しいですね。


カンパ106E-03a


 しかしまだ、このキャップの止め輪(スナップリング)を入手できていません。
 これも自作するしかないと覚悟を決めたが、材質を金色系で作りたいと考えますが、
 何にすれば良いか検討がつきません。
 みなさんならどう考えられますか?ヒントをください!






 カンパ106E-04a



 マグネシウム・ホイールの質量は、5Kg台/1本と、当時としては画期的な軽さであった
 ようです。 今では、アルミ鍛造の足元にも及ばないレベルですが。
 欠点は、水分が巣に浸み込むと、脆く欠けてしまうこと。
 再塗装時は元の塗装を完全に剝さず、サーフェーサは残す必要があるようです。




カンパ106E-05a
 


 マグネシウムの鋳造は難しい技術であることがわかります。
 事故などせず、長く使い続けたい逸品。
 
 
 
スポンサーサイト

プロフィール

すだち

Author:すだち
 
取り留めもないけど取り留めたい、備忘録的絵日記
       Since 2010/01/01

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード