バックランプがつきっぱなし

 
 
 エンジンをかけると、バックランプがついたまま。
 これが機能しないと車検に通らない!焦る!
 原因は入力接点周り = 入力接点が壊れている OR ミッションシフト部破損 
 先週に発覚したが、スイッチ(入力接点)はフロア中央のトンネル内でミッション
 に付いている。
 いずれにしても厄介、昨日の休みに作業を開始。


2010-01-16-バックランプ-2a



2010-01-16-バックランプ-3a



 本来、バックギアにシフトチェンジした時だけ、バックランプが点灯するのが正解!
 ミッション下ろしも覚悟で作業にとりかかるが、ミッションメンバの片側のボルトを
 外したところで、ミッションが10cm程垂れ下がり、スイッチを外すことができた。




 その際、スパナを加工(写真)して狭い所に対応したが、これって自転車のBB及び
 ペダル専用工具だったたりして、もったいな~い(涙、涙)。


2010-01-16-バックランプ-4a


2010-01-16-バックランプ-5a



 結局、スイッチが壊れていた(接点が切れない)のであるが・・・。
 ここで面白いことを発見!
 下の写真の通り、4速ミッション用と5速ミッション用を用意していたが、当初ネジの
 サイズが同じであったからどちらを使っても同じと考えていた。
 スイッチの構造はご覧の通り、ボールプランジャ式であるが、テスタで導通を診ると
 4速 → 常時開(NO)a接点 : ボールが押されて閉
 5速 → 常時閉(NC)b接点 : ボールが押されて開
 今回のように壊れていることがすぐに発見できたのは、5速だったから。
 4速では気付かず見過ごして、車検場でアウトになっていたかも・・・。
 クーペも見えないところで進化していたのですね。
 フェールセーフの考え方に従った正しい改良??だと思います。


2010-01-16-バックランプ-1a



 ただ、スイッチからケーブルが2本出ているが、切れやすい。
 被服が硬化しているのは仕方がないが・・・下手な半田付けをするはめに。

 天気も良く、青空整備も楽しかった。
 北海道OCの○木さんから教えてもらった、ホイールジャッキは安心感抜群で
 車下に潜るのが楽しくなります。
 
 
 
 
スポンサーサイト

プロフィール

すだち

Author:すだち
 
取り留めもないけど取り留めたい、備忘録的絵日記
       Since 2010/01/01

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード